費用節約は安い引越し日を知ることから

引越しというのはサービス業ですから、その料金は需要と供給によって決まります。
つまり引越し業者が忙しい時は高く、暇な時は安くなるのです。
ですから、移動する人が少ない時期を狙って契約すれば、格安料金で引越しすることができます。
ではどんな時に移動する人が多いのか考えてみましょう。
就職、転職、大学進学などで移動する人が急激に増えるのが春です。
3月から4月前半は1年のうちで最も移動する人が増える月といえます。
また9月、10月は転勤・転職のシーズンであり、この時期も業者は忙しくなる傾向にあります。
賃貸物件に住んでいる場合、家賃が無駄にならないように月末まで住み続けて月末に移動する人が多いため、月末は業者の忙しい時期となります。
引越しは日中に行うことが一般的ですから、仕事の都合で平日の作業は難しくなります。
休日でなければ時間がとれないため、土曜日、日曜日、祝日に作業を希望する人が殺到します。
特に土曜日に移動して日曜日に荷物の片付けをしたい人が多いため、1週間の中で土曜日が最も忙しい曜日となります。
主に年配の方は六曜を気にする人がいるため、「大安」を希望する人がいます。
以上が、需要の多い時期です。
逆にこれを外した日時であれば、大幅に安い料金で契約できます。
5~8月の期間で、月の上旬から中旬、平日で仏滅の日、が最も理想的です。
これは極端な例ですが、日程に余裕があるのであれば、これらの条件に少しでも合致する日を選ぶと良いでしょう。