引越し荷物の段ボール箱

引越しって、本当に大変ですよね。
今まで何度も引越しをしてきて、毎回思うことですが、何度も体験した中で少しでも効率よく、スムーズに引越しを行う工夫を見つけてきました。
まずは、やはり引越し業者を決める際に、必ず見積もりにきてもらうこと。
自宅で立ち会わなければいけないので手間ではありますが、プロの目できちんと見積もりをしてもらえれば、段ボールの量やトラックに積める量が的確にわかって安心です。
荷造りの最中に段ボール箱が足りなくなると二度手間になり、大変ですからね。
そして、引越で必ず必要になる段ボール箱ですが、引越し業者によって、回収してくれるところとしてくれないところがあります。
回収してくれない場合は、自治体の規定に沿って処分する必要があるので、場合によっては廃品回収の日までしばらく段ボール箱を保管する必要があります。
マイペースで開梱したいばあいもあるので、予算とも相談して、業者選定の一つのポイントにするといいのではないでしょうか。
さらに、段ボール箱は無料ではありません。
見積もりの際に、「段ボール箱などの引越資材はサービスでおつけします」と言われても、「再利用の段ボール箱でいいです」と言って、値下げ交渉ができる場合もあります。
この値引き交渉は最後にするのがおすすめですよ。
知らない人の使ったものではありますが、段ボール箱の表にはマジックで書き込みがしてある程度で、“ものを入れて運ぶ”という目的では全く問題ありません。
他人の使ったものを使うのに抵抗のない方は是非、引越し業者の営業マンに聞いてみてください。